• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2018/02/12(月)

チーム

2018春季キャンプ2月12日リポート

3試合連続の紅白戦を開催!

紅白戦の真っ只中の石垣春季キャンプ第3クール。天候に恵まれたこの日は、3戦目が行われました。

紅組先発の西野投手

▼紅組スタメンはこちら
1(遊)藤岡裕
2(左)岡田
3(二)中村
4(三)安田
5(右)清田
6(指)ペゲロ
7(捕)金澤
8(一)根元
9(中)加藤
先発投手・・・西野

▼白組スタメンはこちら
1(中)伊志嶺
2(右)細谷
3(左)角中
4(一)井上
5(三)鈴木
6(指)ドミンゲス
7(捕)柿沼
8(遊)平沢
9(二)三木
先発投手・・・石川

昨日の乱打戦から一転、石川投手と西野投手の好投で始まった試合は、紅組が中村選手の犠飛と本塁打でリードを奪うと、白組はドミンゲス選手の適時二塁打で得点するも及ばず。終盤に突き放しに成功した紅組が10-1で勝利を収めました。

白組の投手陣は、石川投手が3回1安打無失点。藤岡貴投手が3回2安打1失点(自責0)。松永投手が1回2安打1失点。宮崎投手とルーキーの山本投手はそれぞれ1回4失点。紅組は、西野投手が3回2安打無失点。田中靖投手が2回無安打無失点。阿部投手が2回2安打無失点という結果でした。

野手は、中村選手が2試合連続本塁打を記録。紅白戦初出場の角中選手は第1打席できっちり安打を放ち、同じく初出場の大嶺翔選手は適時二塁打と適時三塁打で2打数2安打4打点。また、岡田選手と平沢選手は2安打に加えて2盗塁を決め、ルーキーの藤岡裕選手は3試合連続安打と堅実な守備力でアピールを続けています。

1戦目と2戦目は打線の奮起が目立つ試合展開でしたが、この日は石川投手らの好投が光る場面も見られ、それぞれの収穫と課題が日々見つかる紅白戦。17日と18日にはLamigoモンキーズ(台湾プロ野球チーム)と今年初の対外試合が予定されているマリーンズ。チーム内競争は熾烈を極めていきます。

公式モバイルサイト 2月12日キャンプ関連配信予定コンテンツ

  • 練習メニュー
  • デイリーリポート
  • キャンプこぼれ話
  • 広報カメラ (YouTubeにて配信)
  • コンテンツによって配信時間は前後する場合がございます。ご了承ください。

2018春季キャンプ特集