• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok
  • Spotify

コーチ紹介

校長:武藤 一邦(むとう かずくに)

プロフィール

1959年1月20日生 秋田県出身 外野手 右投右打

捕手として秋田商高で甲子園2度出場。高校ALL JAPAN選出。3年のときに南海ホークスから捕手として1位指名を受けるも、法政大に進学。在学中は1979年秋 東京六大学野球首位打者。ベストナイン2度。1980年ドラフト2位で外野手としてロッテ入団。1982年イースタンリーグ首位打者。
1988年現役引退。 長年、小中学生の野球指導に携わり、蓄積されたノウハウに基づく指導法には定評がある。2008年にマリーンズ・ベースボールアカデミーのコーチに就任。2011年から2017年まで千葉ロッテマリーンズ・ジュニアの監督を兼務。2012年は準優勝に導く。

コーチより一言

子供達には無限の力があります。その力を引き出してあげるのが、私達の役目であり、野球への恩返しだと思っています。マリーンズ・ベースボールアカデミーで一緒に頑張りましょう。

テクニカルコーチ:佐藤 幸彦(さとう ゆきひこ)

プロフィール

1968年4月16日生 千葉県出身 外野手 右投右打

拓殖大学紅陵高等学校から1986年ドラフト4位でロッテに入団。1993年7月9日の対西武ライオンズ戦で、1試合4犠打の日本プロ野球タイ記録をマークする。1998年は打率.320、8本塁打、41打点をマークしクリーンナップを任されチームに大きく貢献した。2004年引退後、編成部に所属。2016年よりファームディレクター兼チーフ調査を担当。2020年よりマリーンズ・ベースボールアカデミーのコーチに就任。

コーチより一言

経験、知識、技術をわかりやすく伝え、子供たちの夢を全力でサポートしたいと思います。よろしくお願いします。

テクニカルコーチ:藤田 宗一(ふじた そういち)

プロフィール

1972年10月17日生 京都府出身 投手 左投左打

島原中央高校、西濃運輸を経て、1997年ドラフト3位で千葉ロッテマリーンズに入団。勢いのあるストレートとコントロール、キレがあるスライダーを武器に50試合登板を7シーズン達成するなど鉄腕と称された。
2000年、70試合に登板し、最多ホールドを獲得。
2001年にはオールスター初出場、2005年には中継ぎの方程式【YFK】の一角としてリーグ優勝、日本一に貢献した。
2006年、ワールド・ベースボール・クラシック日本代表。
2007年、通算500試合達成。
その後、読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンク、BC群馬ダイアモンドペガサスに在籍し、2012年引退。
引退後は、中学硬式野球チームの立ち上げや小学生向けスクールのコーチとして活動。
2022年マリーンズ・ベースボールアカデミーコーチ就任。

コーチより一言

これまでの野球経験を活かして、楽しくレベルアップを目指して頑張っていきましょう。

テクニカルコーチ:小林 宏之(こばやし ひろゆき)

プロフィール

1978年6月4日生 埼玉県出身 投手 右投右打

春日部共栄高校から1996年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズより4位指名を受けて入団。2005年は先発、2010年はクローザーとしてチームの日本一に貢献した。マリーンズ所属時には2006ワールド・ベースボール・クラシック日本代表、北京五輪予選日本代表に選ばれ、2010年オフに阪神タイガース移籍。その後BCリーグ信濃、西武ライオンズを経て2014年引退。
2015年よりBCリーグ・武蔵ヒートベアーズで投手コーチ。同シーズン途中から監督代行、2016年は同球団の監督を務め、選手の特徴を見極めたうえでの指導でNPBに選手を輩出している。
2018年よりマリーンズ・ベースボールアカデミーのコーチに就任し、2021年から千葉ロッテマリーンズ・ジュニアの監督も兼務。

コーチより一言

子供達の課題や目標を1つ1つ一緒にクリアしていき、未来のプロ野球選手になれるように手助けしていきたいと思います。

テクニカルコーチ:塀内 久雄(へいうち ひさお)

プロフィール

1981年7月7日生 愛媛県出身 右投左打

三瓶高校から1999年ドラフト4位で千葉ロッテマリーンズに入団。史上41人目の「プロ初打席初本塁打」で鮮烈なデビューを飾る。内野4ポジションすべてを守れるユーティリティプレーヤーとして15年間コンスタントにチームに貢献した。
選手・OBに口を揃えて「チーム1番の守備職人」といわれるほど、守備に定評がある。
2015年よりマリーンズ・ベースボールアカデミーのコーチに就任。
2018年から2020年まで千葉ロッテマリーンズ・ジュニアの監督も兼務し、2019年には3位に導く。

コーチより一言

これまでの野球人生で経験してきたことを子供たちに伝えていきたいと思っています。一緒にがんばりましょう!!よろしくお願いします。

テクニカルコーチ:栗田 雄介(くりた ゆうすけ)

プロフィール

1980年8月23日生 千葉県出身 投手 左投左打

千葉工業高校、千葉工業大学を経て宮城建設に入社後、2003年ドラフト7位で近鉄バファローズに入団。
1年目最終戦に1軍初登板を果たす。
2007年より台湾興農ブルズに入団し47試合に登板、6勝をあげる。
引退後、2008年より千葉ロッテマリーンズの打撃投手に就任し長きにわたりチームをサポート。2009年に行われたワールド・ベースボール・クラシック第2回大会では、第1ラウンドまで打撃投手を務める。
2019年よりマリーンズ・ベースボールアカデミーのコーチ就任。

コーチより一言

今までの野球人生で経験してきたものを少しでも多く伝え、子供たちの技術向上に役立てるようにしていきたいと思います。

テクニカルコーチ:小川 直人(おがわ なおと)

プロフィール

1995年8月31日 千葉県出身 内野手 右投右打

小学校6年間ソフトボールを経験。中学校では、軟式野球部に所属。走・攻・守3拍子そろった外野手として日本代表に選出され、特に打撃面では4番打者として活躍。チームをアジア大会準優勝へ導く。
市立柏高校に進学後、3年時には主将を務めながら、クリーンナップを打ち、チームを県大会ベスト16へ導く。
高校卒業後、国士舘大学へ進み、教員免許を取得。国士舘大学では準硬式野球部へ入部。4年時、副主将として関東大会に進出。大学卒業後は、国士舘大学大学院に進み、スポーツ科学(動作分析)を専攻した経験から、打球を遠く飛ばすためのインパクトポイントや飛距離のデータを基に的確に指導を行う。
2020年からマリーンズ・ベースボールアカデミーコーチに就任。

取得資格

  • 中学校教諭専修免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭専修免許状(保健体育)

コーチより一言

技術力向上を目指して大学院で学んだスポーツ科学を用いた指導を取り入れていきたいと思っています。全力でサポートするので一緒に頑張りましょう。

テクニカルコーチ:遊佐 華好(ゆさ かすみ)

プロフィール

1995年11月5日生 千葉県出身 内野手 右投左打

千葉県の中学・高校で6年間ソフトボールを経験。高校卒業後は日本体育大学に進み、女子軟式野球部へ入部。高い身体能力とシュアな打撃が高く評価され2年時からベンチ入りを果たす。4年時には主将を務め、チームを全国大会5連覇へ導く。
教員免許取得後、2018年から2019年度は小学校の教師を務めた経験から、子供たちとの接し方や指導法、教育には定評がある。2020年よりマリーンズ・ベースボールアカデミーコーチに就任。

取得資格

  • 幼児体育指導者検定三級
  • 小学校教諭二種免許状
  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)

コーチより一言

できたときの喜びを共に感じられるような指導を目指していきます。一緒に頑張りましょう。よろしくお願いします。

テクニカルコーチ:佐藤 陸(さとう りく)

プロフィール

1997年6月26日生 長野県出身 右投右打

小学校6年間は軟式野球クラブに所属。
中学校では強豪硬式野球チームに所属し、投手として活躍しながら、打者としてもクリーンナップを任されチャンスに強い打撃が持ち味。
中学2年時には全国大会に出場。
塩尻志学館高校に進学し、勝負強い打撃と安定感抜群の守備が高く評価され1年時の春からメンバー入りを果たし、3年時にはキャプテンとしてチームを牽引。
高校卒業後、東海大学に進学し保健体育の教員免許を取得。
東海大学では、スポーツメンタルトレーニングを研究し、主に中学野球部をサポートする。チームを全国大会4度の出場に導き、全国ベスト8まで勝ち進む。
東海大学卒業後は、メンタルトレーニングアドバイザーとして、中高生の部活動や強化指定選手の心理面強化など科学的根拠に基づいた指導を行った経験から、野球の技術指導はもちろん場面に応じたマインドコントロールなどの心理面の指導法には定評がある。
2022年からマリーンズ・ベースボールアカデミーコーチに就任。

取得資格

  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)

コーチより一言

これまで経験した知識を生かして、一人ひとりが持っている能力を最大限に引き出し、目標まで導くコーチングをしていきます。よろしくお願いします。