• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

マリーンズ・ジュニア 2015

2015年12月27日(日)~29日(火)宮崎市で開催される、小学5、6年生による12球団ジュニアチームNo.1決定戦「NPB 12球団ジュニアトーナメント 2015」に出場するマリーンズ・ジュニアチームの選考会や練習風景をお伝えします!!

マリーンズ・ジュニア 2015 活動報告

マリーンズ・ジュニア2015 選考会
選考会
選考会
選考会

12月27日(日)から29日(火)に行われる「NPB 12球団ジュニアトーナメント2015」に出場する千葉ロッテマリーンズJrチームの選考会(一次・二次・最終選考会)が7月、8月の夏休み期間中に千葉市内のグラウンドで行われました。

「NPB 12球団ジュニアトーナメント」は社団法人日本野球機構とプロ野球12球団が連係し「子どもたちがプロ野球への夢という目標をより身近に持てるように」という考えのもとに企画され、今年で11回目の開催となります。今年は宮崎の各球場で開催される予定です。

今年のマリーンズJrは2011年から5年目となる武藤一邦監督が率いる事になりました。選考会では技術はもちろんの事、挨拶、返事、元気の良さなども選考の基準となりました。

一次選考会(7月28日)は50m走、遠投、立ち幅跳び、スイングなど基礎体力を中心とした選考会を行いました。二次選考会 (8月10日、11日、14日)では走塁、守備、バッティング、ピッチングなど技術面の選考を行いました。選考会には一次と二次を合わせて397名が参加してくれました。

その中から7名が内定し28名が8月17日に行われた最終選考会に残る事になりました。
最終選考会ではより試合に近い実戦形式で行われ、さまざまな視点から見た厳正なる選考の結果、18名の選手達がマリーンズジュニア2015に選ばれました。

11回目となる今大会、目指すは優勝しかありません。今年も精一杯頑張って戦っていきたいと思います。
ご声援の程宜しくお願い致します。

最後に、今回選考会に参加してくれたものの18名の枠に残れなかった選手の皆さんへ。

今回は残念でしたが、選考会に向けて本気で練習した日々も、選考会時のレベルの高い仲間達との出会いも、そして落選してしまった時に感じた悔しさも決して無駄にはなりません。
この経験を糧にこれからの野球人生でさらに活躍してくれる事を期待しています。

レポーター: マリーンズJr2015 主務 長崎

2015/08/23 マリーンズ・ジュニア入団式

本日、QVCマリンフィールドの一室にて2015年度マリーンズジュニアメンバーの入団式が行われました。

厳しい戦いを勝ち抜いて選ばれたメンバーは下記の通りです。

背番号 氏名 投打 チーム 所在地
1 西堀 温人 右・右 北柏スーパーナイン 柏市
2 杉山 翔太 右・右 成東ファイターズ 山武市
3 吉野 創士 右・右 舞浜フェニックス 浦安市
4 深見 好誠 右・右 福栄かもめファイターズ 市川市
5 有薗 直輝 右・右 干潟メッツ 旭市
6 浅野 翔太 右・右 鷺沼マリーンズ 習志野市
7 溝口 真太郎 右・左 浦安ニューラッキーズ 浦安市
8 菅野 樹紀 右・右 波崎ブルージャイアンツ 茨城県
神栖市
9 土屋 マックス清文 左・左 打瀬ベイバスターズ 千葉市
美浜区
10 新町 哲 右・右 東深井ボーイズ 流山市
11 青木 大地 右・左 公津少年野球クラブ 成田市
12 香取 秀汰 左・左 香取ファイターズ 香取市
13 中出 大翔 右・右 竹仲 東京都
足立区
14 齋藤 広空 右・右 八幡チャレンジャーズ 市川市
15 坂本 菜々子 右・右 習志野フェニックス 習志野市
16 厚地 優勝 右・右 常盤平ボーイズ 松戸市
17 鎌倉 滉太 左・左 習志野ベイドリームス 習志野市
18 山根 雄峰 右・右 大久保フロッグス 習志野市

全員の自己紹介や番号決めの後、武藤監督よりジュニアメンバーにお話がありました。

たくさんの落選したメンバーの気持ちを忘れず選ばれた18名の選手であるという自覚を持つ事。
いつも支えてくれている家族や所属チームへの感謝の気持ちを忘れない事。
そして初回の練習までの間とにかくバットを振る事を選手に伝えました。

選手達は真剣な眼差しで武藤監督の話を聞いていました。

優勝目指して、ジュニアチーム一丸となってこれから頑張っていきましょう!

レポーター: マリーンズJr2015 主務 長崎

2015/09/05 マリーンズ・ジュニア2015始動!

本日はマリーンズジュニアチーム結成後初めての練習が千葉市内のグラウンドで行われました。
練習前のミーティングでは、チームとしての心得やマリーンズジュニアに落選した選手たちの気持ちを忘れる事無く、ジュニアメンバーとしての自覚を持って4ヶ月間戦っていきましょう、という話が武藤監督からありました。

練習ではまず挨拶の練習、声出しの練習をしてからウォーミングアップに入りました。
初めての練習という事もあり全選手に元気がないように見えました。
挨拶も含め練習中の声、これから入ってくるゲーム中の声はとても重要になってきます。
野球選手である以上、それぞれの選手が意識して元気を出していきましょう。

練習では午前中は守備を中心に、午後はバッティングを中心に練習を行いました。
これからの4ヶ月間楽しい事ばかりではなく苦しい事も多いでしょう。

ただ練習で苦しんだ先には必ず優勝の2文字が待っています。
マリーンズジュニアの選手、スタッフ、保護者の皆さんが1つの目標に向かって共に戦っていきましょう!!

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/09/19 練習日[2]

本日は午前9時から2回目の練習が行われました。午前中の投内連係ではピッチャーのベースへのカバーリングの入り方や、野手の捕球からのトスの仕方など、各コーチから説明がありました。技術的な事はこれから数をこなし身につけてもらいたいと思います。ただ今回も目立ったのは声の連係が出来ていない事 消極的なプレーでした。
まずは声を出し積極的なプレーが大切です。ミスを恐れずに思い切ったプレーを心掛けていきましょう。

午後からは初回の練習に引き続きショートスローやマシンバッティングで数多く打ちました。その中武藤監督からストライクゾーンの話がありました。ただ打つだけではなく自分のストライクゾーンを理解する事で選球眼もよくなりますのでしっかり頭に入れておきましょう。

最後にジュニアチームの練習だけではなく自分のために チームのために各自練習も怠らないようにしましょう。

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/09/26 練習日[3]

本日は雨天の為室内練習場での練習となりました。午前中は前回に続き投内連係などのチームプレーを行いました。プレーの中でまだ自信のなさからか声がなく、ミスが多く見られました。
バッティング練習では選手のスイングがこの何日かで強くなってきていると感じました。
引き続き個人練習も行っていきましょう。

また本日はアカデミーコーチの杉山コーチが終日参加してくれました。
キャッチャーを中心に指導していただきました。

さあ来週から練習試合が始まります。もちろん結果も大切ですがまずは今までやってきた事を結果を恐れず出してもらいたいと思います。

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/10/03 練習試合 VS 横浜DeNAベイスターズJr.

本日は千葉市内のグラウンドで初めての練習試合(横浜DeNaジュニア戦)が行われました。
1試合目は7-1で勝利、2試合目は2-4で負けとなりました。
過去3回の練習が室内での練習だったので、選手の動きや連係など色々な面で心配されましたが、投手陣を中心とした守りの野球が初戦にしてはしっかり出来ていたと思います。

やはり野球は守りが大切です。少しでも守りの時間を短く 攻撃の時間を長くそういった野球を目指してやっていきましょう。
また練習試合の緊張もあってか全体的に声が出ておらず、またサインプレーのミスも目立ちました。
次回からは、この反省を生かして次につなげていきましょう。

これから練習試合が数多く入ってきます。各自がアピールするとそれがチームの力につながります。

それとミスを恐れず積極的なプレーも忘れないように!

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/10/10 練習試合 VS千葉市選抜チーム・柏市選抜チーム

本日は千葉市内のグラウンドで、千葉選抜と柏選抜の3チームで変則ダブルという形で試合を行いました。
試合前にはマリーンズジュニアという名に恥じないゲームをしようとコーチから話がありました。

ゲームは対千葉選抜戦が8-3 柏選抜戦が6-0とともに勝利しました。内容は目立ったミスもなく充実した内容だったと思います。

ただ試合の合間のミーティングで各コーチからの話にもありましたが、プレーの中での声の連係がまだまだ出来ていない様に感じました。プレーしている選手はもちろんですが、それ以外の選手にもそれぞれの役割があると思います。ゲームに出ている選手、出ていない選手も1球のボールに対し、全員が声を出して動くという事を意識してやっていきましょう。

また本日は終日、高澤コーチにも参加していただき、各選手にいろいろなアドバイスをいただきました。

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/10/17 NPB公開練習&公式ユニフォーム採寸

本日は雨天の影響もあり午前中はミーティングを行い練習は午後から室内練習場で行いました。
ミーティングではサインの確認や監督からウォーミングアップの大切さや目的といったお話がありました。練習には一つ一つ必ず目的があります。各自がその目的や意図を理解した上で練習に取り組む事が大切です。

練習の中でもいかに試合を想定し、プレッシャーを感じながら練習し1球1球のプレーを大切に行う事も心掛けていきましょう。

また午前中にNPBの関係者が来場して、大会プログラム用の集合写真の撮影や公式ユニフォームの採寸等を行いました。
選手たちの表情を見ていても笑顔の中にもやってやるぞという決意が感じられました。

一日でも早くマリーンズユニフォームを着た選手たちの晴れ姿をみせてくれことを楽しみにしています。

レポーター: 2015マリーンズ・ジュニア 主務 長崎

2015/10/24 練習日&決起集会

本日の練習は先週に引き続き午前中は投内連係や投手の牽制練習などを行いました。
個々のレベルアップももちろん大切ですがこういったチームプレーもとても重要となります。
大会でミスをすると当然負ける可能性も高くなります。
今まで自分のチームではやった事のないプレーやサインなどもジュニアでは出てきます。
大会でミスをしない為にも練習から集中してプレーしてもらいたいと思います。

また本日は練習後、保護者の方々のご厚意でジュニアチームの決起集会を行いました。
選手一人一人の抱負や保護者の方からの抱負もありとても盛り上がった会となりました。

本日の決起会を終えチームとしての団結力もより強くなったと思います。
大会まで残り2ヶ月。
全員が1つの目標に向かって頑張っていきましょう!

レポーター: 2015マリーンズ・ジュニア 主務 長崎

2015/10/31 練習試合 VS ジャイアンツJr.

本日は東金町グラウンドにてジャイアンツJr.チームとの練習試合が行われました。
1試合目は1-3で敗戦 2試合目は5-5の引き分けとなりました。

試合の内容は、投手陣はまずまず安定した内容でしたが、攻撃陣に繋がりがなく、全体的に流れの悪いゲームとなりました。

攻撃の中で多く目に付いたのはサインミスです。
良い流れでゲームを進めていても、1つのサインミスでその流れも止まってしまいます。
失敗した選手はしっかり反省と復習をし来週以降のゲームに備えてください。

またチーム全体を見ていても、まだ18人全員の試合に対する集中力が足りない様に思います。
何をする為にマリーンズJr.に選ばれたのかを各自がもう1度考え、来週以降戦っていきましょう。

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/11/07 練習試合 VS 東京ヤクルトスワローズJr.

本日は午後から戸田球場でヤクルトスワローズJr.と練習試合を行いました。
時間の都合上1試合目を7イニング、2試合目は5イニングという形で行いました。

スコアは1試合目が1-1の引き分け。2試合目は2-3でサヨナラ負けという結果になりました。

試合内容ですが、投手陣は先週に続き安定した投球をみせ最小失点に抑えてくれました。
ただベースカバーや細かいチームプレーはまだまだ出来ていなかったので、これからの課題も多く見つかったように思います。

攻撃の方では先週の反省を活かしサインミスはなかったので(これは当たり前の事ですが)、引き続き試合に集中して、次の行動を常に意識してプレーしていきましょう。
また数多いチャンスの中で1本が出ませんでした。
これは試合後のミーティングで監督、コーチからもお話があったように、いかに練習時から緊張感をもってプレーするか、1球を大切にプレーするかだと思います。

本大会でのプレッシャーや緊張感は相当なものになるでしょう。
相手と戦う前にまずは自分がしっかりと準備する事が大切ですよ!!

レポーター: 2015マリーンズ・ジュニア 主務 長崎

2015/11/14 (午前)練習試合 VS 船橋市選抜チーム戦 (午後)練習

本日は午前中に練習試合(対船橋市選抜チーム戦)が行われました。スコアは2-2の同点という結果でした。
これまでも言ってきましたが、ゲームの中での必要な声は徐々にではありますが出てきていると思います。

ただ今回感じたのは、ゲームの中での個々の工夫です。エラーや三振、また凡打に倒れる事は相手もいる事なので仕方のない事だとは思います。
しかし同じ失敗を繰り返さない為の工夫や準備という所がまだまだ足りない様に感じました。

午後からのミーティングでもありましたが、本日の試合でも何となく回が進み、何となくゲームが終わってしまう、そんな内容に感じました。
ミーティングの内容を一人一人が頭に入れ、来週以降の試合に臨んでください。

なお本日は、高澤・杉山両コーチと3年前のマリーンズJr.OBの選手達も参加してくださり、指導にあたってくれました。
ご協力ありがとうございました。

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/11/21 練習試合 VS 埼玉西武ライオンズJr.

本日は埼玉西武ライオンズJr.チームとの練習試合が西武第二球場で行われました。
1試合目は2-0という結果で、相手投手陣に完璧に抑えこまれるという悔しい結果となりました。

2回には相手の四球からチャンスを作れそうな場面で、走塁ミスにより無得点に終わり、終わってみればノーヒットノーランという、とても悔しい内容に終わりました。

大会本番でも相手投手が良ければ得点するのはなかなか難しいと思います。
いかに少ないチャンスをものにするか!!
いかにミスをなくすか!!
そこが勝利へのポイントとなるでしょう。

また投手・野手に関係なく、マウンド上やバッターボックスなどで工夫する事も大切です。
同じ相手に二度、三度とやられないように試合の中で修正する事も大切です。

月曜日の楽天Jr.チームとの試合では試合開始からいつも以上の強い気持ちで戦いましょう!

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/11/23 練習試合 VS 楽天Jr.

本日は楽天Jr.チームとの練習試合が稲毛海浜公園で行われました。
試合結果は1試合目が1-0で勝利、2試合目が6-3で勝利という結果でした。

1試合目は今までの反省をいかし、試合に出ているメンバーもベンチにいるメンバーも非常に声が出ていたと思いますし、チーム一丸となって戦っているように思いました。
内容を見ても、投手陣がピンチを迎えても全員で守り無失点に抑え、攻撃では四球からのチャンスで1点を取るという引き締まった試合内容となりました。

前回の埼玉西武戦でも話しましたが、今日の試合のようにまずは投手を中心にしっかり守り、攻撃陣は少ないチャンスをものにするという野球が出来ればチームは必ず強くなっていきます。

これからも練習試合が続いていきますが、大会まであと1ヶ月、選手・スタッフ・家族が1つになり熱く戦っていきましょう!!

また、本日は試合前に千葉県少年野球連盟理事長の飯塚様が、選手たちの激励にお越しくださり、また千葉テレビ様、J:COM様もマリーンズJr.の取材に来られました。

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/11/24 監督会議&組み合わせ抽選会

本日は、NPB12球団ジュニアトーナメント2015の監督会議、および組み合わせ抽選会が東京都内にて行われました。
監督会議では、大会の詳細スケジュールを中心に事務局側から説明があり、今回は初の宮崎、そして屋外球場での開催ということで、主に試合運営に関わる内容について各球団と議論を行いました。

その後に関係者立会いのもと、大会の組み合わせ抽選会が行われました。

今回より予選リーグにおいてもセ・リーグ、パ・リーグを分けずに12球団シャッフルでの抽選となり、武藤監督が引いたクジの結果…グループBの千葉ロッテ・北海道日本ハム・中日と同じグループとなりました。

千葉ロッテマリーンズJr.の初戦は大会初日の27日(11:45~)の中日ドラゴンズJr.戦、第2戦は翌28日(9:30~)の北海道日本ハムファイターズJr.戦と決まりました。

このグループリーグの戦いで1位になれば、大会最終日29日の決勝トーナメントに進出となります。

武藤監督は記者会見で「今回のチームは、投手陣も層があつく揃っており、また足もからめて点をとれる非常にバランスのとれた良いチーム。今年は決勝トーナメント進出は必ずそして優勝を狙いたいと思います!!」と力強いコメントをしていました。

選手の皆さんも大会の組み合わせが決まり、いよいよ気合が高まってくると思いますが、 大会まで残りわずか約1ヶ月しかありません。
大会まで悔いの無いよう1日1日の練習に集中して頑張ってください。

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 代表 羽地

2015/11/28 練習日

本日の練習は県内各地域の選抜大会メンバーに選ばれている選手が欠席の為、半数のメンバーでの練習となりました。
練習前には、先日行われた監督会議の抽選で対戦相手も決まり、「ここから残り1ヶ月もう1度気を引き締めてやって行こう!」と武藤監督からもお話がありました。
練習内容はメンバーが少なかった事もあり、バッティング中心の練習となりました。

練習の最後には全員で砂浜ランニングを行いました。
ダッシュやリレーを行いましたが少し体力のなさを感じたかな!?
体力をつける事により精神力も強くなりますよ!!

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/11/29 練習日

本日は午後から練習を行いました。
投内連係や内野ノックの守備練習では今までより全体的に声が出ていてミスも少く各選手の成長を感じました。

守備練習後、バントやバスターの練習を行いましたが、ただ練習するのではなく試合を想定し、1球1球を大切にプレーする事を心がけましょう。

大会まで残り1ヶ月をきりました。
選手達には怪我などには充分気をつけて頑張ってもらいたいと思います。

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 コーチ 塀内

2015/12/5 練習試合 VS 東京ヤクルトスワローズJr.戦

本日はマリーンズ2軍の本拠地ロッテ浦和球場にて東京ヤクルトスワローズジュニアとの練習試合が行われました。天候も良く絶好の野球日和となりました。

試合は1試合目が2-2の引き分け、2試合目が2-3で敗戦という結果に終わりました。
今日の試合で感じたのは試合内容よりも各選手たちのメンタルの部分です。

監督・コーチがベンチから見ていてもチャンスの場面でも何か相手に押されている感じがします。
相手と戦う前にまずは自分の準備を万全にしてから試合に臨みましょう。

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/12/6 練習試合 VS 与野選抜チーム

本日は昨日に続きロッテ浦和球場にて与野選抜との練習試合を午前中1試合行いました。
試合前、試合後の監督のミーティングでもありましたが、もう一度全員が「何をする為にマリーンズジュニアに選ばれたのか?」を考える必要があると思います。

今まで監督、コーチから色々な話があったと思います。その言葉の意味をもう一度良く考え、優勝する為にそれぞれが何をすべきか考えましょう。
練習に取り組む姿勢がそのままゲームに出るという事です!!

試合後には体力強化を中心とした練習を行いました。
自分を追い込む事によりメンタル面の強化にもつながります。

来週からも練習試合が続きます。
今18人に足りていない物は技術よりも気持ちです。
結果を恐れずどんどん相手に向かっていってください。

闘争心!!

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/12/12 練習試合 VS 読売ジャイアンツJr.

本日は稲毛海浜公園野球場でジャイアンツジュニアとの練習試合が行われました。
またゲーム時には初めて大会用ユニフォームを着用し、選手の引き締まった表情で戦っている姿が印象的でした。

ゲーム内容は2試合目で相手投手の乱調や守備の乱れからではありますが、初の2桁安打、2桁得点で非常にいい形のゲームが出来たと思います。

ただ、ゲームは終わるまで何が起こるか分かりません。今日の試合では大量得点の後、全体的に気の緩みがあったと思います。

大会ではそう簡単には得点出来ません。
もう一度気を引き締め直して隙のないマリーンズ野球を目指してやっていきましょう。

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/12/13 練習試合 VS 東京ヤクルトスワローズJr.&ミーティング

本日は朝から雨が降り気温も低く、大変厳しい天候状況でのゲームとなりました。
ゲームには負けてしまいましたが打線では今まで当たりがなかった選手にも結果が出だし、非常にいい形のゲームが出来たと思います。

昼からは全体ミーティングを行ってから練習を行いました。
ミーティングでは監督 コーチから色々なお話があったと思います。
こういったミーティングも今回が最後になると思います。
もう一度各自が頭に入れ残りの2週間戦っていきましょう。

全ては悔いの残らない戦いをする為!!
全てはチームが1つになり優勝する為!!

必ず優勝しチームスタッフ 選手 保護者の皆さんで嬉し涙を流しましょう!!

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/12/19 練習試合 VS 横浜DeNAベイスターズJr.

本日は横浜DeNAベイスターズJr.との練習試合を行いました。

本日のゲームでは相手に先制されましたが、その後投手が踏ん張り、打線も繋がりを見せてくれました。
是非今日のような中身のあるゲームを大会まで続けてもらいたいと思います。

ただ2試合目の後半になると、どうしても集中力に欠ける所があります。
そこは大会終了まで厳しく指導していきたいと思います。

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/12/20 練習試合 VS 埼玉西武ライオンズJr.

本日の試合も昨日に続き投手陣が踏ん張り、打線でも2本塁打など理想的な試合展開でした。

また、本日の試合が大会までの最後の練習試合となりました。
試合後には昨年度のマリーンズジュニアOBと保護者の方々が来て下さり、横断幕の引継ぎ式を行っていただきました。

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/12/23 練習日(午前)稲毛海浜公園野球場 (午後)QVCマリンフィールド

本日は午前中は稲毛、午後からはQVCマリンで練習を行いました。

午前中の稲毛での練習後には監督、コーチ、ジュニア選手と保護者全員での食事会が行われました。
とても楽しい時間を過ごす事ができて良かったと思います。

午後からはQVCマリンでの練習を行いましたが、自主トレを行っていたマリーンズ選手がジュニアメンバーの激励に来てくれました。
子供達にはとてもいい機会になったと思います。

大会までもう一度気を引き締めて頑張ってもらいたいと思います。

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/12/24 練習日

本日は稲毛海浜公園で練習を行いました。
投内連係では投手・野手の動きの確認を行いました。

いくつかミスが出たので大会までには修正していかなければなりません。
また、守りの時は常に場面・状況・点差などをしっかり頭に入れて守って欲しいと思います。

練習の最後には強化ランニングトレーニングも行いました。
自宅に戻ってからのケアも各自で忘れないように!!

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/12/25 練習日

本日はマリーンズジュニア最後の練習となりました。半日練習という事もあり軽めの練習で終わりました。
いよいよ明日、宮崎に移動して27日からジュニアトーナメントが始まります。

これまでの4ヶ月間保護者の方々には大変お世話になりました。
選手達には4ヶ月間やってきた事、教わった事を全て宮崎で出してもらいたいと思います。

チーム全員で必ず優勝を勝ち取りましょう。

レポーター: マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

2015/12/27~29 ジュニアトーナメント2015 本大会参加

本日から12球団ジュニアトーナメントが始まりました。
予選リーグ1試合目は中日ドラゴンズJr.との試合でした。
初回は簡単に2アウトを取りましたが、その後エラーをきっかけに2失点してしまいました。
それからは相手の流れを止める事が出来ず、8-0(5回コールド)ととても悔しい結果に終わりました。
これで決勝リーグ進出は厳しくなりましたが、選手達は可能性がある限り最後まで頑張って欲しいと思います。

大会2日目は北海道日本ハムファイターズJr.と対戦しました。
この日も先に点を取って優位に進めたかったのですが、相手に先制されるという苦しい展開となりました。
追いかける展開の中チャンスは作るものの、あと1本が出ず3-0という結果に終わりました。

結果的に予選リーグ2試合を終え、グループリーグ3位というとても悔しい結果に終わりましたが、選手達は最後まで良く頑張ってくれたと思います。
また試合に負けた時の悔しさ、1点を取る難しさ、0点に抑える難しさ、そして試合に勝つ事の大変さ…色々なことをこの4ヶ月間で学んでくれたと思います。
この経験は必ずこの先の野球人生にいきてくると思いますし、いかさなければなりません。

最後になりますが、選考会から大会終了までの4ヶ月間、マリーンズジュニアにご協力くださった皆様、また保護者の皆様にも多大なご協力をいただき、本当に有難うございました。

レポーター:マリーンズ・ジュニア2015 主務 長崎

武藤監督からのメッセージ

9月から練習を開始して、ジュニアトーナメント大会までの4ヶ月間、本当に頑張ってくれました。
技術練習、対外試合、海岸でのランニングなど苦しかったこと、楽しかったことなど沢山の経験が出来たと思います。
この経験は必ず活かせる時が来ます。
選手達の可能性は限りないものだと思います。
目標に向って頑張ってもらいたいです。
これからはマリーンズジュニアOBとして、いつでも気軽に監督・コーチ・スタッフに近況報告に来てください。
またお会いできる事を、一同心から楽しみにしています。

最後にマリーンズジュニア活動にご協力いただいた関係各位、保護者の皆さん厚く御礼申し上げます。

2015年マリーンズジュニア監督 武藤 一邦