• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2019/08/29(木)

チケット

チケット売買仲介サービス「チケットストリート」との連携について

このたび千葉ロッテマリーンズは、チケット売買仲介サービス「チケットストリート」を運営するチケットストリート株式会社を「公認チケットリセールパートナー」として認め、8月30日より公式に連携することになりましたのでお知らせします。

連携概要

チケットストリート社が運営するチケット売買仲介サービス「チケットストリート」を千葉ロッテマリーンズの「公認チケットリセールサイト」として、マリーンズ公式サイトなどとの相互リンクを行い、マリーンズ主催試合観戦チケットの利用者同士での売買仲介における連携を図ります。

連携開始時期

2019年8月30日

チケットストリート株式会社

  • チケットストリート株式会社
  • チケット売買仲介サービス「チケットストリート」の運営
  • 代表取締役:西山 圭
  • 設立:2011年8月

チケットストリートはこちら

サービススキーム図

今回の連携に至った背景

千葉ロッテマリーンズはパ・リーグ公式戦として年間70試合以上(2019年は71試合)の主催試合を開催していますが、その中では「観戦予定の試合を急遽変更したい」という買取・転売を希望する声がある一方で、「繰り返し高額転売を行う人間を取り締まってほしい」という声もあります。そういったスポーツ観戦チケットを取り巻く利用者のニーズや展開されているサービスなど様々な環境変化にマリーンズとして向き合うべく、今回の連携に至りました。なお、ファイターズ・バファローズも同時に本サービスを開始します。

今回の連携で、シーズンシートやパッケージチケットをお持ちの方や急遽観戦試合を変更したいという方は「チケットストリート」で試合観戦チケットの売買に参加することができるようになり、繰り返し高額転売を行うユーザへの対応についても両社で連携し、実態を把握した上で検討できるようになります。

また、今回の連携を機に両社間で購買データ分析を強化し、これまで以上にファンのニーズに応えられる観戦機会の提供に努めていければと思っています。

【公認リセールサービス】チケットストリートのご紹介