• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok
  • Spotify

2021/02/12(金)

キャンプ

2021春季キャンプ2/12(金)レポート

石垣島春季キャンプ第3クール2日目
(一軍最終日)

一軍の石垣島春季キャンプが打ち上げとなりました。

最終日のブルペンで、益田直也投手、石川歩投手、美馬学投手、唐川侑己投手、東條大樹投手らが投げ込み、陸上競技場での強化トレーニングとランニングもキャンプ期間中に一貫して行われました。
野手はメイングラウンドでウォーミングアップをしたあと、キャッチボールと打撃練習に取り組みます。2人一組になり、フリー打撃、バント、ロングティー、守備、走塁などを5分2セットで展開しました。

キャンプ
キャンプ
キャンプ
キャンプ

練習を終えると、メイングラウンドで全員が輪をつくり、益田選手会長の音頭による手締めが行われます。キャンプ地の石垣市の皆様への感謝と、マリーンズファンのために戦うという熱い思い。そして、リーグ優勝と日本一を達成して井口資仁監督を胴上げする最大の目標を共有し、一軍のキャンプは終了しました。
このあと沖縄本島へと移動し、明日からいよいよ対外試合が始まります。

キャンプ
キャンプ

一方、二軍の石垣島春季キャンプは2月25日まで実施します。
この日は一軍の打ち上げ後、三木亮選手、平沢大河選手、西巻賢二選手が特打。江村直也選手と宗接唯人選手は特守に励み、室内練習場では荻野貴司選手や井上晴哉選手らがバットを振り続けるなど、こちらも開幕に向けた準備が続いていました。

キャンプ
キャンプ
キャンプ
キャンプ

練習メニュー

広報カメラ

春季キャンプ特集ページはこちら

HEADLINE