• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok
  • Spotify

2022/01/22(土)

その他

『eBASEBALL プロ野球スピリッツ Aリーグ』タイトル受賞のお知らせ

イメージ

昨年12月から開催していた『eBASEBALLプロスピAリーグ(スピリーグ)』 で、千葉ロッテマリーンズ代表である小倉康一(おぐら こういち)選手が『最多奪三振』のタイトル、および特別表彰である『ナイススピリッツ賞』を受賞しました。

『ナイススピリッツ賞』とは

スピリーグの活動期間において、成績に関わらず、プロプレイヤーとして相応しい立ち居振る舞い、SNSなどを通じた積極的な情報発信を行い、社会貢献に寄与する行動などを行ったプレイヤーを対象として、スピリーグの運営事務局が特別に表彰を行います。

小倉選手はご自身が先天性疾患である「口唇口蓋裂」であることを公表し、SNSなどを通じての理解促進や同じ疾患を持つ方々に対して、励みとなるような前向きなメッセージを発信されました。その勇気ある行動を称えます。

小倉選手コメント

『最多奪三振』のタイトルについて

「プロスピAリーグの初年度でパ・リーグ最多奪三振のタイトルを取れたことはとても嬉しいです。このタイトルは私1人の結果というより、チームみんなで配球について語り合い取れたものだと思います。この場を借りてチームみんなにお礼を言いたいです。そしてファンの皆さまご声援本当にありがとうございました!!」

『ナイススピリッツ賞』受賞について

「この賞は、自分だけが頑張ったのではなく、全国の同じ病気で戦ってる方々、病院の先生方、そして家族のおかげでこのスピリーグに出られたからこそ受賞できたものだと考えています。SNSで励ましや応援のメッセージを沢山くださった皆さまのおかげで頑張れました。自分がこの賞をいただいたことが、この病気をもっともっと皆さまに知ってもらうことにつながり、今この病気で戦ってる子供たちや親御さんがいろんなことにチャレンジできる勇気やその先にある未来への支えになればと思います。このような賞を用意してくださりありがとうございます。」

『eBASEBALLプロスピAリーグ』
個人タイトル一覧はこちら

HEADLINE